不正 カジノ ミリオンズ

日本語に対応している不正オンラインカジノサイトについて

こんにちは、ジェロニモ (@Millions_MrBet) です。

ジェロニモ ミリオンズ オンラインカジノ

今日は日本語に対応している不正オンラインカジノサイトについてお話ししたいと思います。

少しニッチなカテゴリーにはなりますが、自己資金や個人情報を守る面でも非常に重要な項目になりますので一度目を通していただければと思います。

なぜこのような話をするかというと、先日とあるオンラインカジノサイトの運営者を見てぎょっとしたのがきっかけです。

実は・・・
その運営者自身に少し黒い噂があるんです。

世界中にオンラインカジノのライセンスを発行する国や管轄する部署、そして各国のライセンスを受けたウェブサイトが多数存在しています。しかしながらこの業界は狭く世界中に存在する正規のオンラインカジノ運営者も300社ほどと言われております。(もっと存在するのかもしれませんが入退場の激しい業界なので常時このくらいでしょう)

ご存知の通り、日本のユーザーがプレイする際に信用して良いと言われているカジノライセンスといえば、

  • マルタ
  • イギリス
  • キュラソー
  • フィリピン

と言われております。

今回黒い噂があるのはこの上記のどれかのライセンスを受けているサイトです。

まさかとは思うでしょうがこれも事実です・・・!

僕の肌感覚ではライセンスのレベルより運営者のレベルの方を重視した方が良いと思ってます。

正直に話しますと、カジノのライセンスはコネと金である程度取得出来るようになってます。もちろん運営者の個人情報を開示して前科や破産情報など調べますが、所詮紙切れです。
裏に個人情報が汚れている金主がいて、個人情報が綺麗な人をお金を雇って差し出す人もいるでしょう。

テストに合格しても実は替え玉受験だったから本人の実力ではなかった、というのと同じ感覚です。

最近SNS上にはびこる情報商材屋さんもこの手口を使って荒稼ぎしてるケースを目にします。そしてやばくなると顔と名前を差し替えて同じ情報をエンドレスに売り続け、金主の存在は一切表に出ないという手口。
昔からありますが実に巧妙で汚い手口ですね。

昔話になりますが、ブルガリアに住んでいた頃、僕はオンラインカジノ業界でとある運営会社のマネージャー職についていました。そして何度も書類改ざんなどの不正を行う運営者やプロバイダーを見てきました。

上司に訴えるもなんの変化もなし・・・。時には正義感が強すぎると怒られたこともありました。

一カジノファンだった僕はそのような腐った体制に嫌気がさし、オンラインカジノ業界を抜け出しました。そして少しでもカジノ業界を明るくするためにこのミリオンズを立ち上げたのです。

話を戻しますと、今回例に挙げている運営者の不正に気が付いたライセンス発行元が調査をしてるとの話もこちらまで流れており、もしかすると2019年の間になくなってしまうかもしれません。(むしろその可能性の方が高いと思います)

この業界ではそのような事は日常茶飯事ですが、ユーザーの安全性が守れないのであれば僕としてはほっとくわけにはいきません。

くれぐれも不正オンラインカジノサイトに近付かないように気をつけてください。あなたの大事なお金と時間と個人情報を守れるのはあなただけです。

ミリオンズとしてはその協力をいたします。

この件については今後も調査していきます。

このサイトに掲載されてるカジノサイトも僕が実際に遊んだり運営者に会ってるサイトなので保証することができます。逆に保証ができないサイトは絶対に紹介しません。

顔の見えないこの業界は信用第一ですから。

この業界から不正がなくなるまで僕は戦います。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。
ジェロニモでした。

関連記事一覧