闇カジノから逃げろ ミリオンズ

違法な闇カジノからは今すぐ逃げろ!人生詰む前に!

こんにちは、ジェロニモ (@Millions_MrBet) です。

ジェロニモ ミリオンズ オンラインカジノ

今日はあなたが逮捕されるかもしれない可能性についてのお話をしたいと思います。

日本人の中にはオンラインカジノ=違法=だけど儲かるかも?と思ってる人が多いと思います。厳密に言えば違法でも合法でもないというのが現在の解釈なのですが、オンラインカジノで遊戯をし逮捕された人が最高裁で無罪を勝ち取ったということからオンラインカジノで遊ぶだけで即逮捕ということはありません。

▽オンラインカジノで起きた事件簿はここから確認できます▽

しかしながら不明確な点があることやギャンブルに対するイメージがよくないことから(外国では立派な文化であり国営事業なのですが)インカジや闇カジノはそう言ったギャンブラーの一攫千金をこっそり狙いたいと言う心理を利用し賭博場を用意するのです。

もちろんお互いにリスクはあるのですが、あなたが闇カジノで遊んでいる時に警察からの摘発を受けた場合でも、あなたを含めお客さん全員がお金を一切受け取らない形式(闇カジノの場合はありえませんが)だとすれば、逮捕はないかもしれません。(少し苦しいですが)

そもそも賭博というのは、金品を賭けて勝負を争う遊戯のこと(パチンコは技術介入をする遊びなので遊技なので賭博ではないのです、これはまた別の機会に説明します)であり、別名ギャンブルと言います。賭博にも合法なものがりますがほとんどのものが「賭博及び富くじに関する罪」で逮捕されてしまうので要注意です。

この賭博及び富くじに関する罪に該当してしまうと、次のような罰則があります。

賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供するものを賭けたにとどまるときは、この限りでない。

賭博行為をするとすぐ逮捕されるかというとそう言った意味ではなく、あくまでも闇カジノなどの違法な場所で遊戲したり、特定のオンラインカジノで遊戯をさせ店内でコミッションを取って換金する行為が違法だと言えるのです。

この記事を読んでいるあなたはきっとオンラインカジノに慣れた人が多いでしょうからありえないと思うかもしれませんが、このインカジを利用してオンラインカジノで遊ぶユーザーは多いんです。

どんな人が多いかと言うと、

  • 諸事情でクレジットカードが作れない
  • 銀行口座に入出金の履歴を残したくない
  • 偽サイトに騙されて損したくない
  • 他人がいる場所で遊ぶ方が興奮する

このように少し訳ありの方が多いです。

くれぐれもそう言った場所には近付かないようにお気をつけください。リスクは必ず自分で考え判断することが大事ですよ。

 

 

闇カジノ逮捕事件一覧

闇カジノでの逮捕者はほぼ毎月出てるのが現状です。
ここでミリオンズが調べた事件を表にまとめてみました。

摘発日 店名 備考
2018.2.28 AZUL 表向きは輸入雑貨屋
2018.1.31 UPSIDE 1ヶ月毎に場所を移動しながらバカラ賭博をしていた
2017.6.26 01 20年間闇カジノ経営を続けた老舗
2017.5.25 シティーオブドリーム ネットカフェからインカジに業種変更
2017.4.6 K 賃貸マンションの一室でインカジを経営
2017.2.10 ボム 24時間営業をしていたインカジ店
2017.1.18 エイト インカジ
2016.11.4 ファンタジー
ファラオ
インカジ
2016.7.5 レオン バカラ
2016.5.24 ビックボム インカジ
2016.4.6 店名不明 インカジ、山口組系
2015.11.8 Wild Cat インカジ
2015.4.4 for you ポイント仲介サイトとして摘発、珍しいケース

ざっと並べただけでもこれだけの事件が起きてます。どこも繁華街に店舗を構えていることから集客もそこそこ狙いつつ警察の動きも監視していたと思われます。

2015年に検挙されたfor youに関して言えば、ポイント仲介サイトとして摘発されている珍しいケースです。

 

なぜ人は闇カジノで遊びたがるのか

これだけ事件がある事を知っていながら闇カジノで遊ぶ人間は後を絶ちません。それほど魅力的という事なのでしょう。

ではどこがそんなに魅力的なのでしょうか?

 

ユーザーにとって魅力的な事

闇カジやインカジを利用するユーザーにとっての利点は「気軽さ」にあると思います。

 

運営者にとって魅力的な事

運営者にとってのメリットは「少数精鋭で小規模パチンコ店と同等くらいの粗利を得られる事」だと思います。

だいたい検挙時に押収したデータを調べた結果、月の売り上げが1,000万円〜3,000万円の幅だったそうです。

店舗の家賃と従業員の給料などを差し引いたとしても年間手元には半分以上残る計算になります。最低でも7,000万円ほどは運営者の手元に残る計算。そりゃ摘発されるまで続けるでしょってなりますよね。

 

甘い誘惑に気をつけろ!

悪い奴が虎視眈々とあなたの財布を狙ってます。

成人してるあなたの身を守れるのはあなた自身だけです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は違法闇カジノについて書いてみました。

この記事は今後も追記していきます。
今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。

関連記事一覧